1. ホーム
  2. パッケージソフト
  3. ADVANCE/リスクビューワ
システムの特徴 リスクビューワの概要 画面サンプル 導入事例

システムの特徴

リスクビューワは、ビデオカメラによる作業の映像とリアルタイムモニターによる測定データを同期再生させることが可能で、 リスクアセスメントをはじめとした様々な労働安全衛生活動を強力にサポートするツールです。

    例えば
  • 曝露を理解しコントロールするためのタスク解析(作業方法の解析)のツールとして
  • 化学物質のリスクに関する知識を深め、作業者に安全な作業手順を促す(リスクコミュニケーション)ための教材として
  • 作業環境改善に関する作業者の協力や動機付けを促進するためのツールとして
  • 労働安全衛生に関する研究ツールとして
ソフトの特長
市販カメラの映像と、測定器データを同期 二画面により手元と周辺を同時把握可能
導入による効果
有害物質の曝露の「見える化」が可能
高濃度曝露作業の特定が容易

ばく露の見える化「VEMサービス」

弊社および株式会社ガステックとともに共同開発した中央労働災害防止協会(中災防)で、 リスクビューワを利用したトライアルサービス(「VEMサービス」)が開始されました。

ばく露の見える化「VEMサービス」

中央労働災害防止協会(中災防)

http://www.jisha.or.jp/service/index.html

ADVANCE/リスクビューワの概要

機器装着イメージ

カメラとセンサーを用いて映像と有害物質のデータを取得していただきます。
ウェアラブルカメラやリアルタイムモニタ以外にも、ハンディカメラや有害物質のデータを出力できるセンサーであれば使用可能です。

画面サンプル

熟練者と非熟練者のばく露量の対比

ADVANCE/リスクビューワは、中央労働災害防止協会(JISHA/中災防)、株式会社ガステックとの共同開発契約にもとづき、開発を行いました。

ADVANCE/リスクビューワ(登録番号:P第10507号-1)

Webデモ版のご提供が出来ます。ご希望の方は、お問合せページにてご依頼下さい。

ALL Rights Reserved,Copyright(C)JAPAN HIGH SOFT 1998-2015